怪我が再発してしまう理由【怪我の功名】#7

膝の靱帯を断裂した人の
約50%は、膝の機能が完全に
回復したにも関わらず
再発すると言われています。

その理由は、そもそも
怪我した原因が膝にない
からです。

怪我の原因は患部にない

膝は本来一方向にしか
曲がらない関節です。

その関節に過剰なストレス
また違う方向からのストレスが
掛かってしまった時に
膝関節の傷害が発生します。

そして
その原因のほとんどが
膝関節ではなく

「股関節や足関節にあります。」

しかし
怪我の治療やリハビリの
ほとんどが患部である膝関節の
機能の回復にしか行われません。

その結果
運動競技を再開した時
同じ状況が起こる事で
"怪我が再発" するのです。

つまり
以前#4の記事でお話しした様に
「モビリティ関節と
スタビリティ関節の逆転」
が起こり

本来持っていない可動域や強い負荷が
掛かる事で、傷害が発生するのです。

再発しない為の身体作り

怪我した患部の機能が回復したら
"Joint by joint theory " に
基づいて本当の原因を見極め
身体の機能を回復させる
必要があります。

そして
患部に強い負荷が掛らない様な
身体の動作を習得して

初めて再発しない身体を
作る事ができるのです

パフォーマンスの向上に繋がる

同じ様に、
肩関節、肘関節、腰部
身体にどの部位でも
同じ状況が発生する事により
傷害が発生します。

「古傷が…」

と諦めてる方も、
関節によっぽどのダメージが
残っていない限り

身体の動作を修正する事で
痛みの出ない身体を作る事が可能です。

息の長いトップアスリートが
大きな怪我をしない様に

「怪我をしない身体作り
=パフォーマンスの向上」

に繋がります。

いつでも怪我の再発の不安のある
身体では、頭のどこかで
ブレーキを掛けてしまい
心身ともに最高のパフォーマンスを
発揮する事は出来ません。

それでも怪我をしてしまったら

怪我をする事には
意味があります。

ドン底の気分を味わう
かもしれませんが、

自分自身を変える為の
身体のサインかもしれません。

"怪我の功名" という言葉がある様に
より強い身体を手に入れる
努力をするべきです。

そのサインに
気が付けるかどうかが
大切なのです。

是非不安の残らない
快調な身体を作りましょう❗️

この記事が気に入ったら
フォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterもやっています

おすすめの記事