イチロー選手が引退会見で話した「頭を使わなくてもできる野球」とは? #99

実は、イチロー選手の引退会見で1つ気になる発言をしていました。

 

「2001年にアメリカに来てから2019年現在の野球は、まったく違うものになりました。頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつあるような」(会見引用)

 

 

非常に気になりますね…

 

野球に限らずスポーツ全般的に言えることですが、テクノロジーの進化と共に、戦略やチーム、選手の調子や傾向などのデータを解析し、スポーツの『見える化』が進みました。トップレベルで戦うにはこのデータの収集と解析が当たり前になりつつあります。

 

今回はイチロー選手の危惧する『頭を使わなくてもできる野球』について考えてみます。

 

 

イチロー選手の発言

イチロー選手は引退会見の後半にこの様な発言していました。

 

(会見引用)
「二つ目はどうやって楽しんだらいいかですか。2001年にアメリカに来てから2019年現在の野球は、まったく違うものになりました。頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつあるような。選手も現場にいる人たちもみんな感じていることだと思うんですけど、これがどう変化していくか。次の5年、10年、しばらくはこの流れは止まらないと思いますけど。
本来は野球というのは……、ダメだな、これを言うと問題になりそうだな。うーん。(野球は)頭使わないとできない競技なんですよ、本来は。でもそうじゃなくなってきているというのがどうも気持ち悪くて。ベースボール、野球の発祥はアメリカですから、その野球が現状そうなってきているということに危機感を持っている人っていうのがけっこういると思うんですよね。
だから、日本の野球がアメリカの野球に追従する必要なんてまったくなくて、日本の野球は頭を使う面白い野球であってほしいなと思います。アメリカのこの流れは止まらないので。せめて日本の野球は決して変わってはいけないこと、大切にしなければいけないことを大切にしてほしいなと思います」

 

 

スポーツの1番の目的はその試合に勝利することです。
テクノロジーが進んだ現代、相手のチームや選手のデータ解析なしでは戦うことが難しくなってきています。
データを解析し、相手の傾向や弱点を炙り出すことによって、戦術を考えていきます。

 

実はイチロー選手が苦言していたこの問題ですが、近年メジャーリーグではデータ解析による戦術『フライボール革命』と呼ばれる革命が起きていたのです。

 

 

フライボール革命とは?

メジャーリーグでは、データに基づいた極端な守備シフトを採用することから、ゴロによるヒットの確率は減ってきていました。
2017年にアストロズが意図的な飛打によるホームランの量産で、ワールドシリーズを制したことで『フライボール革命』が脚光を浴び始めました。

 

ゴロを打つより、フライを打った方が、ヒットの確率が上がるというデータが出たのです。
この『フライボール革命』によって、意図的なアッパースイングをする選手が増えました。

 

 

アメリカの専門家が『バレルゾーン』という打球速度158km以上、角度30°前後の打球の8割がヒットになり、そのほとんどがホームランになるというデータを発表したことが始まりでした。

 

 

イチロー選手は現役時代ゴロを打って足でヒットにするという、日本の『スモールベースボール』で結果を残してきました。
それに対して、この『フライボール革命』は真逆の流れです。

 

 

イチロー選手が発言している様に、この様なデータに重きをおくスポーツは、プレーする側、見る側にとっても面白さという魅力を低減させてしまうのかもしれません。

 

 

まとめ

イチロー選手が危惧する、データ化によって選手自身で考える能力が低下し、魅力の下がるスポーツ。
テクノロジーの進化は、非常に便利な物を生み出し、スポーツ界にとっても勝利の為に欠かせない要素となっています。

 

しかし、果たしてそこにスポーツの楽しさや魅力は残るのでしょうか?

 

 

どのスポーツもデータ化により戦略が代わりルールが代わり、時代に合わせて変化しています。
中々この流れに抗う事は難しいのかもしれませんが、この先5年10年のスポーツのあり方を改めて考えさせられる発言であったと思います。

 

今日のツイート
人の価値観は十人十色。自分と全く違う価値観を持つ人は面白い。自分の中に凝り固まった「常識」という概念を打ち砕かれる。
人間関係の中で「相手の価値観を尊重する事」は大切だと思う。
そう言えば、Mr.Childrenの「掌」という歌でも桜井さんが「認め合えばそれでいいよ」と言ってました。
中学生の頃に訳も分からず歌っていましたが。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterもやっています

おすすめの記事