瞑想はスピリチュアルなものでも何でもない【メンタルの強さ爆上げ】#112

「冥想」と聞くとスピリチュアル、怪しい、ん宗教家?
みたいなイメージがありませんか?

 

正直、スピリチュアルな物に全く興味のない僕も、最初はその様なバイアスが非常に強く、食わず嫌い的な感覚で、知ってはいたものの「やろう」と思った事はありませんでした。

 

 

しかし、2ヶ月前から瞑想を行っています。
僕が瞑想を始めた理由は非常に単純です。
「成功者が皆こぞってやっているから」です。
 
ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズなどの超一流の実業家から、タイガー・ウッズ、イチローなどのトップアスリートまで成功者は皆、瞑想を実践していると言う話を聞きました。

 

「成功者の習慣をパクる事は成功への近道になるに違いない」
そんな風に思いながらも、半信半疑で瞑想を始めました。
 
しかし、続けていく内に瞑想のイメージが180度転換。激変しました。

 

そう、瞑想はスピリチュアルな物でも何でもなかったのです。

 

 

科学的に証明されている瞑想の効果

実は瞑想は多くの研究がなされていて、ハーバード大学の研究によって「20分の瞑想を8週間」続けることで効果があることがわかっています。
物事に対するバイアスがなくなり、共感力、自制心、集中力、判断力、ポジティブな感情やストレスへの耐性などが向上するといった効果が証明されています。

 

やらない選択肢はないですよね。

 

 

以前、呼吸瞑想の方法についてお話ししましたが、僕も最初は時間を欠く事が億劫になり5分だけ行ったり、サボった日も何日かありました。

 

物事を習慣化するのには約66日かかると言われていますが、約2ヶ月経った現在では朝晩10分ずつの瞑想がようやく習慣化してきました。

 

最初は、短い時間で行ったり分割したりと、習慣化させる為の工夫が必要です。

 

 

 

瞑想はメンタルトレーニング

僕も以前までは瞑想に対してスピリチュアルなイメージを持っていました。
スピリチュアルとは「非科学的」で、宗教や思想で科学的に証明できない様な物事です。

 

もちろん科学的にメタ分析で効果が証明されているからといって、万人に当てはまる訳ではありません。
しかし、非科学的な物と比較するとプラスになる可能性は大いにあります。

 

真剣にやってみても、効果がなければ止めれば良いだけです。

 

 

瞑想は "メンタルトレーニング" のひとつです。

 

メンタルトレーニングと言われると少しバイアスが取れませんか?

 

スポーツ・ビジネス・対人関係、人が成長するにはメンタルの強化は必要不可欠ですよね。
メンタルを強化する事で自己コントロールができる様になる事が重要です。

 

自分がニュートラルになる事で周りが見えるようになり、相手の心理が見えたり、人や環境の変化などに左右されず、様々な物事に冷静に対応する事が可能になります

 

 

瞑想の大きな目的は
「雑音や雑念、周りの環境に流されずに、今に集中する能力を鍛えること」です。

 

瞑想を行う事で自己コントロールする能力を鍛えて行く事は、様々な局面でプラスの効果が期待できるのです。

 

 

まとめ

瞑想の効果は科学的に証明されていて、スピリチュアルな物ではありません。

 
僕も実際に、心に変化が現れているのを様々なシーンで感じ始めています。
 

スポーツでは "心技体"と言う言葉がありますが、「技」「体」と同じ様に「心」を鍛える事が重要です。

 

特に「心」が弱い人は、いくら「技」と「体」を鍛えても求める結果を出す事ができません

 

是非メンタルトレーニングのひとつとして "瞑想" を行ってみてはいかがでしょうか?
 
オススメは朝です。1日の始めに頭をスッキリさせましょう。5分からで良いのでトライしてみてください。

 

今日のツイート

読書していますか?
本や文章を書いた事がある人はわかると思いますが、その文章にはその専門家がそれまでの人生で培ってきた知識を集約させて書いています。
その集約された知識に、1000円程の投資でたったの数時間で触れる事ができます。
1日1冊本を読む人は、1ヶ月で30人、1年で365人の専門家の知識や考えに触れる事ができます。読んでいない人との差は、明々白々です。
読まない理由が見当たりません。時間がないなんて言っている場合ではないですね。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterもやっています

おすすめの記事