#5 筋トレの動きを競技に似た動きに近付け過ぎてはいけない?

本日は筋力トレーニングにおいて

「 競技の動きに近いから 」

という理由でだけで
エクササイズを選ぶ事は
競技能力向上どころか

"マイナスになることもある"
というお話をしたいと思います。


少し具体例をあげると…

□ 競技で使う可動域だけでの
筋力トレーニング

□ 競技に近いスタンスでの
筋力トレーニング

□ 重りを持ってのスイング動作等
実際の競技動作に負荷を掛ける

※ ここでいう筋力トレーニングは
主にレジスタンストレーニング
を指しています。

この様なトレーニングを
行なっている人
考えを持っている人は
意外と多いのでは
ないでしょうか?

しかし

この様な
トレーニングを行う事は
非常に危険であり
「 競技能力の低下にも
繋がりかねません。」

 

【 筋トレはあくまでも "補強" 】

筋トレをしたからといって
競技が上手くなるなんてことは
ありません。

いくら卓越したトレーニーでも
その競技をやった事がなければ
その競技は上手くなりません。

競技の技術練習と
筋トレは別物です。

筋トレはあくまでも、
技術練習の中だけでは
できない動きを習得する為に

「 使えていない筋肉や弱い筋肉を
強化する為の "補強" 」

なのです。

競技練習だけでは身に付かない
部分があるからこそ

競技練習とは別に
筋トレを行なった方が
はるかに効率良く
競技能力向上に繋がるのです。

「 筋力や動作の向上を図って
技術練習の中で動きの幅を
広げることが非常に大切なのです。」

 

【 競技動作に近付ける事の罠 】

それでもなんとなく筋トレを
競技動作に近付けた方が、
競技能力向上に繋がる気がします。

しかしどうでしょうか?

競技動作に似ている
筋力トレーニングであっても

「 実際の競技で掛かる外力の方向や量は
全く異なる場合がほとんどです。」

つまり競技動作に
負荷を掛けて行う事は

変なクセが身体に残り
競技能力低下に繋がりかねません。

また、
苦手なある動作を習得する上で

使えていない筋肉を強化する為に
その動作だけを行なっても、
その筋肉は使える様にはなりません。

例えば…
お尻の筋肉が使えていない
ランナーがいるとしたら、

走る動作をやめて
お尻の筋肉を鍛えるトレーニングを
徹底的に行う事で

走る動作の中でもお尻の筋肉の
動員率も増やす事が可能になります。
(動作の中で使える様に
鍛える必要性はあります)

つまり
「 筋トレでは競技とは違う動き
をするからこそ意味があるのです。」

もし競技動作に近付けたいのなら
その競技の技術練習をするべきです。

 

【 筋トレを競技の動きに近付けない 】

以上の様な理由で
筋力トレーニングをする中で
競技動作に近づけないで

動きに関しては全く別物として
トレーニングを行うべきです。

筋力トレーニングはあくまでも
競技の技術練習の中だけでは
習得できない動きを覚える為の
"補強" なのです。

競技の動きにとらわれず
まず身体の動作に問題がある時は
身体の弱点を洗い出し
動きの修正を図ることが重要です。

そして
"新しくなった身体" を使って
競技の技術練習の中で
競技に必要な動きを
習得していきましょう❗️

この記事が気に入ったら
フォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterもやっています

おすすめの記事