左右の足の大きさの違いと原因
こんな方向けの記事です!
▷ 左右の足の大きさが違う人
▷ 体の歪みを改善したい人
▷ コンディショニングに取り組む人

"右が24㎝で、左が24.5㎝"
「足のサイズが左右で違うんですよ~」と言われる事が多々あるのですが、左右の足のサイズ違いますか?

 

体の左右差は誰にでもあり、手足の大きや長さの左右差を、感じている人も多いかもしれません。
実際に、左右の足のサイズを比べてみると、1㎝ほど違う人も結構います。

 

実は、この "左右の足サイズの違い" には、しっかりとした原因があるのです。

 

 

足のサイズが違う理由

足のサイズの左右差は "体の歪み" から起きている場合がほとんどです。
では、足の大きい方と小さい方の、どちらが "本来あるべきサイズ" でしょうか?

 

 

正解は「小さい方」です。
実は、足のサイズの左右差が起きる原因は「足裏のアーチの潰れ」です

 

足裏は本来、縦のアーチ(土踏まず)が、適度にある状態が自然な形です。
しかし、このアーチが潰れることで、足が縦に引き伸ばされ、つま先からカカトまでの長さが伸びるのです
つまり、大きい方の足は、小さい方の足より、アーチが潰れている可能性が考えられます。

 

またアーチが潰れる事で、以下の様な傷害リスクが上がります。

□ 足底筋膜炎
□ アキレス腱炎
□ 捻挫
□ 膝痛

これらの問題がある場合は、足のサイズの左右差を、改善する必要があります。

 

足のサイズは揃う?

アーチが潰れる事が、足のサイズの左右差の原因なので、アーチを正す事で足のサイズを揃える事が可能です

 

しかし、足裏の調整だけ行なっても、体全体の左右のバランスが崩れていると、すぐにアーチは戻ってしまいます。
本来のアーチを取り戻す為には、骨盤や背骨など体全体のバランスを整えていく必要があるのです

 

体は、どこか1か所の筋肉が緊張する事で、連鎖的に多くに筋肉の緊張や体の痛みを引き起こします
痛みや筋肉の硬さを引き起こしている原因が "体の全く別の場所にある事" も往々にしてあるのです。

 

是非、その元凶を見つけ出す為に、体の様々な部位からアプローチを行ってみてください。

 

今日の一言
体突然の豪雨で雨宿りをしていたら、見知らぬ人が突然傘をくれました。
この様な神の域の利他の精神を持つ人に、時々遭遇しますが、レベルが違いすぎて、自分が恥ずかしくなります。
雨を困っている人を助けるチャンスがなんて、考えた事もなかったですね。くぅ〜

この記事が気に入ったら
フォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterもやっています

おすすめの記事