整体で手首の可動域改善

バランス整体の現場レポート第三弾をお送りします。

 

今回のお客様は、スキーヤーの30代男性です。
「最近ロードバイクを乗り始めたところ "アキレス腱"が痛くなった」という事で、バランス整体を受講されました。

 

整体やトレーニングでは、最初のカウンセリングで、必ずその他の体の異常や、過去の既往歴を伺います。
その理由は、今最も悩んでいる部位の原因が、実は他の部位の影響による物である事が多いからです

 

「え、あの時のあれがこの怪我の原因?」
なんて事は、当たり前の様にあるのです。
怪我を治した後に、しっかりと怪我の根本解決を行わない事で、何年も何十年もその問題が、足を引っ張っている事がよくあります

 

 

という訳で、いつもの様にカウンセリングと、状態のチェック!
体の症状をざっと並べると

□ アキレス腱炎
□ 股関節の痛み
□ 腰の痛み
□ 肩の痛み
□ しゃがめない
□ 右手首が動かない

と、複数の問題が、あれよあれよと出現。

 

 

それでは、今回もオーソドックスに、骨盤の歪み改善からスタート。どどん波。
骨盤の歪みが取れ、この時点で、腰や股関節の問題は、ほぼほぼ解消。順調。

 

しかし、問題のアキレス腱はまだ、痛いとの事。

 

これは足首の固さに、問題があるに違いない!と、足関節にアプローチ。太陽拳。
アキレス腱炎の痛みも8割方改善。
急性的な炎症なので、完全に痛みが引くのには時間がかかる事があるので、後から伺ったところ、2日後には全く痛みがなくなったとの事。

 

 

そして肩にもアプローチをし終えた後。驚くべき事態が発生!
「もう一回、手首の可動域を見せてください」とお願いすると。

 

「ん、あれ??」
最後に取っておいた手首の問題が、腕に全く触れていないのに改善。笑
手首の可動域改善

 

骨盤周りのアプローチを行う事で、手先まで良い影響がある事が多々ありますが、見事に指一本触れずに改善。
これには、僕も「良い成果が出たな~」と大満足。非常に喜んでいただけました。ハッピー。
整体で手首可動域改善

 

手首は、7年前にスキーのコブで転倒し骨折、5時間に及ぶ手術後、可動域が元に戻らなくなったとの事。

 

"怪我や手術を経験する人あるある" なのですが、お医者様に「以前の状態には戻らない」と宣言されてしまい、状態の改善を諦めて、放置してしまう事が良くあります。
そんな体の難題も、全てとは言えませんが、実は改善できる物も多々あるのです。

 

「今回も、人のお役になてたな~」と束の間の高揚感に浸りながらも、次の戦闘に備え "精神と時の部屋" に向かうのでありました。

 

 
続く
 

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterもやっています

おすすめの記事